ネレウスのなんでもあり!!
MMORPGでの出来事、日常のひとコマを日記風にまとめた何でもありのブログです

プロフィール

ネレウス
Nereus Pontos
FF14 Yojimbo
シノアリス
マビノギ マリー
アトランティカ スサノオ (旧レイア)

当ブログはリンクフリーです。
ご連絡くだされば、こちらからも
リンクを張らせていただきます。


Twitter IDはnerediaryです。
フォローはご自由に♪


古いブラウザでは
正常に表示されません。
Firefoxの最新バージョンで
表示確認をしております。

ブログ内検索

カテゴリー

アクセスカウンター

房総半島6の字紀行
こんばんは。

ゴールデンウィークが終わって、世間は落ち着きを取り戻した感が。
どれどれ、行動開始といくかね ( ^ω^)







前から行こう行こうと思っていた、房総半島ぐるり一周の旅。
しかしあれだ、ホントにぐるりと回るだけじゃ芸がない。
少し趣向を凝らそうね。

習慣って怖いもので、駅前の駐車場にクルマを停めたいのに
会社に行きそうになったよ ( ^ω^)

富士川駅上り線ホーム

今朝は富士山がくっきり見える。
しかし、なんだか天気が崩れそうな雲があるね。
下り線ホームにある駅名標、先月時点では駅ナンバリングが
なかったんだけど、いつ貼ったんだろうね?

比較画像

乗車券

今日は沼津で改札を出る時間がないので、あらかじめ窓口で
切符を買っておきます。

0755 東海道線 沼津行に乗車。
0825 沼津で下車 (終点) 。
0829 上野東京ライン 小金井行に乗車。
1004 戸塚で下車。

富士川 - 戸塚

1012 横須賀線快速 君津行に乗車。
1201 内房線 五井 (ごい) で下車。

戸塚 - 五井

本日のメインディッシュその1。
小湊鐵道線に乗るぞー。

五井 - 上総中野

小湊鐵道は大変に歴史の古い私鉄です。
まあ、ネレウスも薀蓄を垂れるほど詳しくはないんだけどね!

内房線の五井駅から、房総半島ド真ん中の上総中野駅までを結んでいます。
本来は、外房線の安房小湊駅までを結ぶ計画だったようで、
名称の小湊鐵道も、そこから来てるんですね。

上総中野まで通したはいいものの、そこから先の上総小湊までは
丘陵地帯を越える必要があって、当時の技術力では厳しかったのと、
そもそも小湊鐵道の設立当初から
この地に鉄道を敷いても採算が厳しいことが分かっていた (!!) そうで、
あきらめたのだそうです。

キハ200

キハ200系気動車。
電車にあらず。

駅名標

上総中野まで

ついつい気が急いていて、うっかりJRの券売機で
上総中野までの切符を買ってしまったネレウス。
本当は房総横断乗車券なる便利アイテムを買う予定だったのです。
そっちの方がはるかにおトク。

小湊線の改札にいたおばあsオバチャンに聞いたところ、
JRで買った切符はJRで払い戻してくださいとのこと。
そらそうだ。

まぁいいでしょう。
寄付した (?) と思って、その切符で乗車します。

1229 小湊鐵道線 上総中野行に乗車。

海土有木駅

初見殺しな難読駅w
海土有木 (あまありき) 。

上総山田駅

座席と座席を区切ってる柱みたいなの、コレ
ディーゼルエンジンの排気ラインなんですって。

駅を発車するたびに、車掌さんが来て
「乗車券をお持ちでないお客様はいらっしゃいますかー」 と
声をかけて回ってます。

なぜだか、この時点では分からなかったけど
謎の外国人率の高さよ。

高滝駅で外国人客が一斉に下車。
えっ!? と思って調べてみたら、高滝ダム (高滝湖) というのがあるようで。
それ目当てかなあ?

里見駅

里見駅にて、このご時世にまさかのタブレット交換!!
完全に頭になくて、ほんの一瞬のことだったので、写真に撮れませんでした。

タブレットって、こういう輪投げの輪みたいなやつで、
要は 「これを持ってない列車は、この先進めませんよ」 ってことです。
今どきの列車は、ATSとかATCとかのシステムで管理されてますからね。
こんな光景、見る機会ないですよ。
一気にテンション上がった ( ^ω^)
タブレット方式って、人間を信用してますよってことなので、
「うぇーーい」 って無視して暴走なんてこともできちゃうわけです。


トロッコ列車

途中、トロッコ列車とすれ違い。
週末にイベントとして運行してるようです。

飯給駅

ぜってぇ読めねぇ……。

途中の月崎駅は、あのチバニアンの最寄りだそうで、
沿線に観光、学術的スポットがそれなりにあります。

上総大久保駅

1342 上総中野で下車 (終点) 。
1時間強でしたが、あっという間。

上総中野駅1

上総中野駅2

上総中野駅3

竹の切り株みたいな建物はトイレです。
ジョロロロ……

駅からちょっと歩いた先に、駅名でもある中野という集落があり
食べ物屋さんもあるようですよ。

さて。
ここから先は、もう一つのメインディッシュ。
いすみ鉄道に乗車します。
み ではありません。夷隅 (いすみ) から来ているようです。

上総中野 - 大原

いすみ鉄道も歴史ある路線。
もともとは国鉄の木原線といいました。
国鉄民営化でJR東日本木原線になって、1年後に
第三セクターのいすみ鉄道に転換されています。

もともとは内房線の木更津から現在の久留里線を通って
外房線の大原までをつなぐ路線のはずでした。
だから木原線っていったんですね。

1405 いすみ鉄道 大原行に乗車。

いすみ鉄道ホーム

上総中野駅は、小湊鐵道といすみ鉄道が共同で管理している駅。
駅舎寄りが小湊鐵道、奥がいすみ鉄道です。
こんなに低い位置に出発信号機が。

整理券

乗る時に整理券を取って、降りる時にお金を払う、
バスと同じシステムですね。
もっとも、今じゃバスもICカードでピッとする時代ですから、
初見さんは戸惑うかもしれませんな。

総元駅

疲れが出て、ついウトウトしてしまって、写真があんまりないのである ( ^ω^)
内装は綺麗だし、トイレも広いし、いいね。

20180512_isumi4.jpg

途中、大多喜駅が拠点となっていて、停車時間が長めに取られてます。
大原寄りの国吉駅でも長時間停車して、食べ物やらお土産やらを
売っています。
写真は国吉駅の売店。

列車のかぶりものをしたオジサンが、ポップコーンを売りに
車内に入ってきますよ ( ^ω^)
10分くらい停まってたので、外の売店でアイスクリームでも
買えばよかったと後悔。
こういう時はお高くとまってちゃダメだw

1518 大原で下車 (終点) 。
あっという間だったなぁ。
ダッシュでJR側ホームに移動。
余韻も何もあったもんじゃない。
今回の旅の最大の反省点。

1522 外房線 安房鴨川行に乗車。
1612 安房鴨川で下車 (終点) 。

大原 - 安房鴨川

途中、海を望めるポイントがいくつかあったんですが、
座れる場所に恵まれなかったのと、部活帰りと思われる中学生が
大勢乗っていて、迂闊に写真を撮るとマズそうだったのでやめました。

1625 内房線 千葉行に乗車。
1818 君津で下車。

安房鴨川 - 君津

発車時から車内はガラガラ。
館山あたりで大勢乗ってくるのかな? と思ったのですが、
空気を入れ替えただけ。

保田 (ほた) 、浜金谷、竹岡、上総湊……と君津に近づくにつれて
チラホラお客が増えてきましたが、それでも座席が埋まる程度でした。
普段の様子を知らないので何ともアレですが、大丈夫なんだろうかw

1825 総武・横須賀線快速 横須賀行に乗車。
2005 品川で下車。

君津 - 品川

対岸の横須賀まで行くんすよこれ。
アクアラインが鉄道も通れたら、千葉アクセスが楽になるのにね。

横須賀線と東海道線が分かれる大船で乗り換えようと思ってたんです。
ところがですね、朝から何も食べていないネレウスは
ちょっと変わった味の飲み物で空きっ腹をしのごうと、君津駅の自販機で
ドクターペッパーを買ったんです。

調子よくグビグビやったところで尿意を覚えて車内トイレに向かうと
無情にも 「使用禁止」 の貼紙が。
おおぉ……。
千葉を過ぎたあたりで大便も催してきて、ずっと座席でクネクネしてたのです。
錦糸町のあたりで 「これは辛抱たまらん」 。

東京駅の横須賀線ホームは地下深く、東海道線とは離れています。
沼津行を逃したら、新幹線を使うハメになります。
品川まで頑張れば、なんとかなりそうです。

品川駅トイレの個室は空いていて、まさに僥倖。
あまりに切羽詰っていて、カバンの中身を個室でぶちまけたが
そんなことはどうでもよろしい (゚∀。) =3

東海道線ホームにダッシュしたら、まさに発車メロディが流れてるところでした。
あぶねー。
駆け込み乗車はやめようね ( ^ω^)

2013 上野東京ライン 沼津行に乗車。
2221 沼津で下車 (終点) 。

品川 - 沼津

例によって、熱海でいったん改札を出ます。
大原でSuicaをピッして以来でしたね ( ^ω^)

2223 東海道線 静岡行に乗車。
2246 富士川で下車。

およそ15時間ぶりに帰ってきました。
総移動距離 619.0km (営業キロ) 。
うーん、充実 ( ^ω^)

次はどこに行こうね?



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カレンダー

04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事とコメント

リンク


FINAL FANTASY XIV, The Lodestone 無料オンラインゲーム マビノギ - Fantasy LIFE! Mabinogi Wiki のんびりマビノギSNS ハンゲーム

このブログをリンクに追加する


Copyright 2007-2018 ネレウスのなんでもあり!! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
(c) 2010-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. FINAL FANTASY XIV