ネレウスのなんでもあり!!
MMORPGでの出来事、日常のひとコマを日記風にまとめた何でもありのブログです

プロフィール

ネレウス
Nereus Pontos
FF14 Yojimbo
マビノギ マリー
アトランティカ スサノオ (旧レイア)

当ブログはリンクフリーです。
ご連絡くだされば、こちらからも
リンクを張らせていただきます。


Twitter IDはnerediaryです。
フォローはご自由に♪


IE6では正常に表示されません。
Firefoxの最新バージョンで
表示確認をしております。

ブログ内検索

カテゴリー

アクセスカウンター

ドナドナ
こんばんは。

続きです。

自宅の定位置にクルマを置いて、エンジンをかけっ放しで
かかりつけの整備会社に電話。
どうぞお越しください、ってんで出かけたわけですが……。

自宅から50mもない小さな橋で、対向車をやり過ごすためにブレーキ。
すると、ヴヴヴ…という妙な振動とともに計器類の針が
一斉にストーンと落ちたのですw

まさに ( д) ゚ ゚ な状態。
とてもじゃないですが、公道を走れる状態ではありません。
即座に引き返しました。

再び自宅の定位置に戻して、シフトレバーをPに入れ
サイドブレーキを引いた瞬間、エンジンがシュー…と落ちました。
おそらく、バッテリーが完全に放電してしまって、燃料ポンプすら
動かせない状態になったのでしょう。
このまま公道に出ていたらと思うと背筋が冷たくなったのでした。

保険会社経由でレッカーを呼んでもらって、担当のお兄さん
(おそらくネレウスより若い) いわく、
「これ、バッテリーじゃないですね」

(゚д゚) えっ!?

確かにバッテリー上がりも起きているのですが、そもそもの原因は
オルタネーター (発電機) がイカれたのではないかというのです。

検証すべく、例によってゴツい電源を直結してエンジン始動。
その状態でライトをハイビームにして、エアコンをつけると……
ガチョーン...フシュウゥゥゥ......

通常であれば、エンジンが回りだすとオルタネーターで発電して
バッテリーにため込みます。
その機能が死んでおり、バッテリーに負荷のかかることをすると
電圧が瞬間的に許容以下まで落ち込んで、全停止してしまうのだそうです。

今朝出かける時は一発でエンジンがかかりましたし、まったく
故障の前兆はありませんでした。
コンビニの駐車場に停車したタイミングでバッテリーを使い切ったわけですね。
不幸中の幸いでした。

不審な点として、オルタネーターが故障しているなら
徐々にバッテリーの電圧が下がっていくわけです。
ですが、車内のバッテリー警告灯が点灯したことは一度もありません。
こんなことって……

レッカーのお兄さん
「JAFに騙されたね。ここまでちゃんと調べなかったでしょ?
 金返せって文句言ってやれ ( ^ω^)」

うーんw


テーマ:日記 - ジャンル:日記











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記事とコメント

リンク


FINAL FANTASY XIV, The Lodestone 無料オンラインゲーム マビノギ - Fantasy LIFE! Mabinogi Wiki のんびりマビノギSNS ハンゲーム

このブログをリンクに追加する


Copyright 2007-2017 ネレウスのなんでもあり!! all rights reserved. powered by FC2ブログ.
(c) 2010-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. FINAL FANTASY XIV